リスク

■価格変動リスク

暗号資産の価格は、その暗号資産の需給、暗号資産市場全体の需給、法定通貨及び金融商品市場の動向等により価格が変動します。また、暗号資産に関する法規制はまだ定まっておらず、規制当局及び規制の動向も価格の変動を引き起こす可能性があります。このような価格変動の結果、暗号資産の価格が下落し、損失を被る可能性があります。又、レバレッジ取引は元本が保証されるものではなく、暗号資産の価格がお客様にとって不利な方向に変動した場合はお客様が預託した額を上回る恐れがあります。

■暗号資産の移転の仕組みが破たんするリスク

暗号資産の移転等を支えるコミュニティの崩壊等により、暗号資産の移転が不可能となる可能性があります。
また、その他の理由等に起因し、最悪の場合は、暗号資産の価値がゼロとなる可能性もあります。

■需給の不足に伴うリスク

暗号資産は一般的に、法定通貨と比較して流動性の面で劣ります。このことに起因して、お客様の望むタイミング及び数量における売買に関して、需給のバランス次第で取引可能な量が十分でないことにより、円滑な売買が実現しない可能性があります。

■国・地域における規制が行われるリスク

特定の国及び地域においては、暗号資産の売買及び保有が法律等で禁止されている場合があります。そのことを原因として、その国及び地域における暗号資産の売買及び保有が著しく困難若しくは不可能となる可能性があります。その結果、暗号資産の需要が細り、価格が下落する可能性があります。

■当社の破たんリスク

お客様からお預りしている金銭及び暗号資産は、当社保有の金銭及び暗号資産と分別管理しています。しかし、万が一、当社が倒産したケースにおいては、当社の債務を当社の固有財産で完済できない場合、お客様からお預りしている金銭及び暗号資産を当該債務の弁済に充てる結果となり、お客様に金銭及び暗号資産の全部又は一部を返還できない可能性があります。

■お預りしている暗号資産が流出するリスク

ハッキング等のサイバー攻撃を通じて、当社がお客様からお預りしている暗号資産を記録しているウォレットの秘密鍵を第三者に知られた場合、そのウォレットに記録されている暗号資産が不正流出する可能性があります。当社の財政状態次第では、かかる流出に伴うお客様の損失を補てんすることができない可能性があります。

■システム障害に伴うリスク

当社は、災害、公衆回線の通信障害、暗号資産の価値移転記録の仕組みにおける記録処理の遅延、その他の当社が管理できない事情により生じたお客様の逸失利益について責任を負いません。このため、かかる逸失利益を喪失するリスクがあります。

■特定の暗号資産の取引が困難となるリスク

地震や洪水といった天変地異、戦争、テロ、政変・法律の改正、規制強化、暗号資産事情の急変など、特殊な状況下で特定の暗号資産の取引が困難又は不可能となる可能性があります。

■決済完了性がないリスク

当社が取り扱う暗号資産のうち、確定的に取引が成立したといえる仕組みがないことから、取引が遡って無効になるリスクを有する暗号資産があります。

■ハードフォークによる分岐リスク

当社が取り扱う暗号資産のうち、ハードフォーク(不可逆的な仕様変更)により暗号資産が2つに分岐し、相互に互換性がなくなるリスクを有する暗号資産があります。その場合、大幅な価値下落や取引が遡って無効になるリスクがあります。また、ハードフォークの結果、発生する新規コインを、諸般の事情によって、お客様に提供できない可能性があります。

■51%攻撃リスク

当社が取り扱う暗号資産のうち、悪意ある者がハッシュレート(マイナーの計算力)全体の 51%以上を有した場合、不正な取引を意図的に配信するリスクを有する暗号資産があります。

■バリデーターのリスク

当社が取り扱う暗号資産のうちエックスアールピーについては、信頼するバリデーターが意に反して結託した場合、台帳とデータを改ざんされる可能性があります。

■ソフトウェア不具合のリスク

当社が取り扱う暗号資産のうちエックスアールピーについては、ソフトウェアの新しいバージョンがアップデートされる前に入念な検証を行っており不具合の可能性を最小化しています。しかし、ソフトウェアの不具合が問題を引き起こす可能性は否定できません。

■営業時間外の価格変動リスク

当社の営業時間外はお取引をいただけません。このため、営業時間外に暗号資産の価格が大きく変動した場合、お客様が損失を被る可能性があります。なお、この結果お客様が被った損失について、当社は一切責任を負いません。

■秘密鍵の紛失等に係るリスク

お客様からお預りしている暗号資産は、当社が秘密鍵を管理するウォレットに記録しています。かかる秘密鍵を当社が紛失することにより、そのウォレットに記録されている暗号資産を外部に送付できなくなり、結果として、お預りしている暗号資産の価値が喪失するリスクがあります。

■その他のリスク

暗号資産は発展途上であり、日々、暗号資産の基盤となる技術の開発・改良が進められています。その過程で、現時点では、予測できない脆弱性などが発見され、暗号資産の資産価値を脅かすリスクとして顕在化する可能性は否定できません。このため上述したリスク以外にも、今後、リスクは生起し得ることにご留意ください。

以上

暗号資産を利用する際の主な注意点
暗号資産は、日本円、ドルなどの「法定通貨」とは異なり、国等によりその価値が保証されているものではありません。
暗号資産は、価格変動により損失が生じる可能性があります。
暗号資産は、移転記録の仕組みの破綻によりその価値が失われる可能性があります。
当社が倒産した場合には、預託された金銭及び暗号資産を返還することができない可能性があります。
暗号資産は支払いを受ける者の同意がある場合に限り、代価の支払いのために使用することができます。
当社の取り扱う暗号資産のお取引にあたっては、その他にも注意を要する点があります。
お取引を始めるに際してはサービスごとの「取引約款」(旧VCTRADE)「サービス総合約款 」(旧TAOTAO)「契約締結前交付書面」(旧VCTRADE)「取引説明書」(契約締結前交付書面)(旧TAOTAO)等をよくお読みのうえ、取引内容や仕組み(旧VCTRADE)取引内容や仕組み(旧TAOTAO)リスク等(旧VCTRADE)リスク等(旧TAOTAO)を十分にご理解いただきご自身の判断にてお取引くださるようお願いいたします。
秘密鍵を失った場合、保有する暗号資産を利用することができず、その価値を失う可能性があります。
 
手数料について
口座管理費、年会費、日本円の入金手数料、暗号資産の受取・送付(入出庫)手数料はかかりません。ただし、旧VCTRADEに関しては日本円の出金に対しては手数料がかかります。詳しくはサービス概要(旧VCTRADE)及び「手数料について」 (旧TAOTAO)をご確認ください。
上記に加え、暗号資産関連店頭デリバティブ取引を行う場合の主な注意点
暗号資産関連店頭デリバティブ取引に関して顧客が支払うべき手数料 、報酬その他の対価の種類ごとの金額若しくはその上限額又はこれらの計算方法の概要及び当該金額の合計額若しくはその上限額又はこれらの計算方法の概要は、「レバレッジ手数料」(旧TAOTAO)に定める通りです。
暗号資産関連店頭デリバティブ取引を行うためには、あらかじめ日本円又は暗号資産(BTC、ETH、XRP)で証拠金を預託頂く必要があります。預託する額又はその計算方法は、「証拠金 について」(旧TAOTAO)をご確認ください。
暗号資産関連店頭デリバティブ取引は、少額の資金で証拠金を上回る取引を行うことができる一方急激な暗号資産の価格変動等により短期間のうちに証拠金の大部分又はそのすべてを失うことや、取引額が証拠金の額を上回るため、証拠金等の額を上回る損失が発生する場合があります。 当該取引の額の当該証拠金等の額に対する比率は、個人のお客様の場合で最大2倍、法人のお客様の場合は、一般社団法人日本暗号資産取引業協会が別に定める倍率です。
暗号資産関連店頭デリバティブ取引は、元本を保証するものではなく、暗号資産の価格変動により損失が生じる場合があります。取引説明書(契約締結前書面)(旧TAOTAO)等 をよくお読みのうえ、リスク、仕組み、特徴について十分に理解いただき、ご納得されたうえでご自身の判断にて取引を行って頂きますようお願いいたします。
免責事項
当社ウェブページ遷移前に表示された情報は、当社が作成・管理しているものではありません。