仮想通貨のレバレッジ取引とは?

仮想通貨の取引方法には、大きく分けて2種類(現物取引とレバレッジ取引)の方法があります。
現物取引は、通常の売買を指していて、そのときの売買代金で取引を行う方法で、持っている資金の範囲で仮想通貨を取引する方法です。 例えば、10万円を仮想通貨の口座に入れていれば、10万円分の仮想通貨を購入することができます。
一方で、レバレッジ取引のレバレッジ(leverage)とは日本語に訳すと「テコ」のことで、小さな力で大きなものを動かす「テコの原理」と同じように、仮想通貨の場合には小さな資金で大きな額を取引できることを指しています。
現物取引では自分の資金以上の仮想通貨を買うことはできませんが、レバレッジ取引は、証拠金を預けることによって、それを担保にして、証拠金の何倍もの金額を運用できます。
例えば、レバレッジを4倍にしたレバレッジ取引では4倍の金額で仮想通貨取引が可能となります。



レバレッジ取引ルール

通貨ペア 取扱単位 呼値の単位 1回当たり
最小発注数量
1回当たり
最大発注数量
建玉制限数量
BTC/JPY(円) 0.001 1 0.01 2 100
ETH/JPY 0.01 1 0.1 40 1,500
XRP/JPY 1 0.001 100 30,000 1,500,000
LTC/JPY 0.1 0.1 1 100 6,000
BCH/JPY 0.01 1 0.1 10 700

・1回当たりの最大発注数量については、市場の状況等を踏まえ、当社の判断で臨時に引き下げる場合があります。
その場合、当社ホームページ等でお客様へ事前告知いたします。


・同一価格での発注数量は、各銘柄とも 100,000 単位となります。


・1口座当たりの建玉件数と新規有効注文は 100,000 単位を超えることはできません。

買付け例)
BTC/JPY の価格が 1BTC 当たり 500,000 円の場合、
最小発注数量(0.001BTC)の買付け:500 円(500,000 × 0.001)
最大発注数量(2.000BTC)の買付け:1,000,000 円(500,000 × 2.000)

ETH/JPY の価格が 1ETH 当たり 15,000 円の場合に、
最小発注数量(0.1ETH)の買付け:1,500 円(15,000 × 0.01)
最大発注数量(40ETH)の買付け:600,000 円(15,000 × 40)

証拠金について



TAOTAOは証拠金を円貨だけでなく、仮想通貨(ビットコイン又はイーサリアム)にも対応しています。

  • ・レバレッジ取引にあたっては、円貨又は仮想通貨(ビットコイン又はイーサリアム)で証拠金を預託いただく必要があります。
  • ・預託された円貨又は仮想通貨は預託証拠金残高に表示されます。証拠金には利息は付きません。
  • ・注文の際に必要となる証拠金として、各銘柄(通貨ペア)とも取引の総額(その時点の円換算された金額)に対して、最低 25%以上の証拠金が必要となります。ご自身の投資経験やリスク許容度等に応じてご判断ください。
  • ・ポジション証拠金は、当社が提示する取引価格(買いはビッド価格、売りはアスク価格)でリアルタイムに円換算して計算いたします。
  • ・口座上は、指値等の未約定注文の証拠金を「注文証拠金」、約定済のポジションに対する証拠金を「ポジション証拠金」と表示いたします。

ロスカットルール



  • ・口座の証拠金維持率がロスカットラインの80%以下となった場合、全ての未約定注文(現物取引も含む)は取消しされるとともに、未決済ポジションが強制的に決済されるという自動ロスカットが行われます。
  • ・証拠金維持率は、{(純資産額-注文証拠金)÷(ポジション証拠金)}×100 で計算されます。
  • ・ロスカット作動後は、全ての受注注文(現物取引も含む)を取消させて頂きます。取引価格が急激に変動した場合等は、ルール通りにロスカットが行われた場合であっても、預託証拠金の額を上回る損失が生じる場合がございます。
  • ・逆指値注文の指定価格によっては、ロスカット注文を優先する場合がございます。

建玉管理料



  • ・レバレッジ取引には満期日はなく、お客様が、保有ポジションの転売もしくは買戻しによる取引を行わない限り、日締め処理時(毎取引日の午前 6 時 59 分)に、保有ポジションを自動的にロールオーバーして翌営業日へ繰り越します。
  • ・ロールオーバー時には、建玉管理料が発生します。
  • ・レバレッジ取引の受渡日は約定日当日となります。1日の区切り(計算区域)となる午前 7:00~翌午前 6:59 において約定した取引は同日の約定として受渡が行われます。

レバレッジ取引について

  • ・証拠金取引は少額の資金で証拠金を上回る取引を行うことができる一方、急激な仮想通貨の価格変動等により短期間のうちに証拠金の大部分又はそのすべてを失うことや、取引額が証拠金の額を上回るため、証拠金額等を超える損失が発生する場合があります。
  • ・取引にあたっては、各種約款、仮想通貨売買取引説明書やお客さま向けの規約等をよくお読みになり、取引の内容を十分にご理解いただいた上で、ご自身の責任と判断において取引を行ってください。

金融庁のホームページには以下の留意事項が掲載されております。

登録業者については、以下よりご覧いただけます。

http://www.fsa.go.jp/menkyo/menkyoj/kasoutuka.pdf

仮想通貨交換業者登録
当社が扱う仮想通貨は、仮想通貨交換業者登録一覧に記載された当該仮想通貨交換業者の説明に基づき、資金決済法上の定義に該当することを確認したものにすぎません。
当社が扱う仮想通貨は、金融庁・財務局が、これらの仮想通貨の価値を保証したり、推奨するものではありません。仮想通貨は、必ずしも裏付けとなる資産を持つものではなく、財産的価値を有すると認められた電子データに過ぎないことにご留意ください。
仮想通貨の取引を行う際には、以下の注意点にご留意ください。
≪仮想通貨を利用する際の注意点≫
仮想通貨は、日本円やドルなどのように国がその価値を保証している「法定通貨」ではありません。インターネット上でやりとりされる電子データです。仮想通貨は、価格が変動することがあります。仮想通貨の価格が急落したり、突然無価値になってしまうなど、損をする可能性があります。仮想通貨交換業者は金融庁・財務局への登録が必要です。利用する際は、登録を受けた事業者か確認してください。仮想通貨の取引を行う場合、事業者から説明を受け、取引内容をよく理解し、ご自身の判断で行ってください。仮想通貨や詐欺的なコインに関する相談が増えています。仮想通貨を利用したり、仮想通貨交換業の導入に便乗したりする詐欺や悪質商法に御注意ください。上記の内容については、金融庁ホームページの利用者の方への注意喚起に記載されております。
http://www.fsa.go.jp/policy/virtual_currency/04.pdf