豊かな未来のための
市場を作る

TAOとは「道」。
ひとつは、新しいお金の道。
もうひとつは、新しい豊かな世界の道。

新しいお金は、数々のアイデアに無限の機会を提供する。
それらは人に発見と出会いを与え、
世界をより豊かにアップデートしていく。

TAOTAOは、新しいお金で、新しい世界を生み出していきます。

この道の先には、咲き誇る未来がある。
お金にとらわれない豊かさを、すべての人に。

企業理念

私たちは、ブロックチェーン技術を用いた暗号資産がもたらすであろう真にグローバルで豊かな社会の実現に貢献するべく、利便性・効率性・信頼性が高く、かつ透明性の高い暗号資産取引市場を持続的に提供致します。
私たちは、このような暗号資産取引所の運営によって、市場を利用して頂ける方々の支持が得られ、結果として、自社の利益を得られるものと確信しています。

企業行動憲章

経営陣

  • 代表取締役
    荒川 佳一朗

    慶応義塾大学総合政策学部卒業後、ソニー、ITベンチャーを経てヤフー入社。ヤフーでは金融事業の立上げ、ワイジェイFX株式会社(旧サイバーエージェントFX)やアストマックス投信投資顧問株式会社のM&A、Yahoo!ファイナンス等を担当。2017年よりワイジェイFXの代表取締役に就任するとともに、2018年よりヤフーが100%出資する投資会社のZコーポレーション株式会社に参画、暗号資産領域の新規ビジネス開発を担当、株式会社ビットアルゴ取引所東京(現TaoTao株式会社)への出資を主導。2019年3月より現職。

  • 取締役
    丸山 顕義

    一橋大学経済学部卒業後、東京証券取引所(現日本取引所グループ)にて上場審査部統括主任上場役、情報サービス部長、渉外広報部長などを歴任。出向先の企業会計基準委員会で専門研究員、証券取引等監視委員会で市場分析情報官、証券保管振替機構でリスク管理統括部長。ミャンマー初の証券取引所であるヤンゴン証券取引所の開設を成功させた。その後、ワイジェイFX株式会社へ入社。法務コンプライアンス部の後、新規事業準備室長として暗号資産事業の開発を主導。株式会社シー・エム・ディー・ラボ執行役員、株式会社ビットアルゴ取引所東京(現TaoTao株式会社)のリスク管理室長を経て現職。

  • 取締役
    甲高 守

    明治大学法学部卒業後、セキュリティー・パシフィック・ナショナル・バンク東京支店、ドレスナー銀行東京支店を経てWestLB AG(西ドイツ州立銀行)東京支店(WestLB証券会社と兼職)にて業務部マネージャー、コンプライアンス部長。ロイヤルバンク・オブ・スコットランド・ピーエルシー東京支店(RBS証券会社と兼職)にてコンプライアンス部長、リスク管理本部長兼コンプライアンス部長兼内部管理統括責任者。オーストラリア・ニュージーランド銀行東京支店にてコンプライアンス部長兼内部管理統括責任者、ANZ証券会社設立に伴い、同社コンプライアンス部長兼内部管理統括責任者兼任を経て、現職。

会社概要

商号

TaoTao株式会社

商号英文表記

TaoTao Inc.

事業内容

暗号資産交換業・暗号資産に関する情報配信

暗号資産交換業登録番号

関東財務局長 第00011号

第一種金融商品取引業

令和元年法律第28号附則第10条第1項に基づくみなし金融商品取引業者

代表取締役

荒川 佳一朗(あらかわ けいいちろう)

本社所在地

〒105-0004
東京都港区新橋5-1-9
銀泉新橋第2ビル 5階

設立年月日

2017年5月26日

資本金

760百万円

株主

Zファンド1号投資事業有限責任組合:70%
株式会社シーエムディーラボ:30%

※Zファンド1号投資事業有限責任組合は、Zホールディングス株式会社(設立時旧名称:ヤフー株式会社)を単独LPとして設立されたファンドです。
詳しくはこちら

加盟団体

一般社団法人 日本暗号資産取引業協会
一般社団法人 日本STO協会

開示情報

事業報告書
第3期事業報告書(PDF: 232 KB)

直近の財務書類
第3期財務書類(PDF: 958 KB)

金融庁のホームページには以下の留意事項が掲載されております。

登録業者については、以下よりご覧いただけます。

http://www.fsa.go.jp/menkyo/menkyoj/kasoutuka.pdf

暗号資産交換業者登録
当社が扱う暗号資産は、暗号資産交換業者登録一覧に記載された当該暗号資産交換業者の説明に基づき、資金決済法上の定義に該当することを確認したものにすぎません。
当社が扱う暗号資産は、金融庁・財務局が、これらの暗号資産の価値を保証したり、推奨するものではありません。暗号資産は、必ずしも裏付けとなる資産を持つものではなく、財産的価値を有すると認められた電子データに過ぎないことにご留意ください。
暗号資産の取引を行う際には、以下の注意点にご留意ください。
≪暗号資産を利用する際の注意点≫
暗号資産は、日本円やドルなどのように国がその価値を保証している「法定通貨」ではありません。インターネット上でやりとりされる電子データです。暗号資産は、価格が変動することがあります。暗号資産の価格が急落したり、突然無価値になってしまうなど、損をする可能性があります。暗号資産交換業者は金融庁・財務局への登録が必要です。利用する際は、登録を受けた事業者か確認してください。暗号資産の取引を行う場合、事業者から説明を受け、取引内容をよく理解し、ご自身の判断で行ってください。暗号資産や詐欺的なコインに関する相談が増えています。暗号資産を利用したり、暗号資産交換業の導入に便乗したりする詐欺や悪質商法に御注意ください。上記の内容については、金融庁ホームページの利用者の方への注意喚起に記載されております。
http://www.fsa.go.jp/policy/virtual_currency/04.pdf