暗号資産(仮想通貨)の損益計算方法

暗号資産(仮想通貨)の損益計算方法

暗号資産(仮想通貨)の税務

  • 公開日

この記事では、暗号資産(仮想通貨)の損益計算方法について詳しく紹介します。
※配偶者控除など一定的な条件を満たすと確定申告が不要な場合もありますが、ご不明な点がありましたら、暗号資産(仮想通貨)に詳しい最寄りの税務署または税理士等にご相談ください。  

TAOTAOでのお取引の取引報告書・年間損益計算書の出し方

取引報告書のダウンロード手順・見方
年間損益報告書のダウンロード手順・見方


 

暗号資産(仮想通貨)の損益計算 移動平均法と総平均法

暗号資産(仮想通貨)の損益計算には移動平均法、総平均法という2種類の計算方法があり、どちらかを選択して確定申告をします。それぞれの計算方法の違いをBTC(ビットコイン)の取引を例に解説していきます。

移動平均法

移動平均法では暗号資産(仮想通貨)を購入するたびに通貨の単価を計算します。
下の画像のBTC(ビットコイン)の売買を例に解説します。

1.1BTCを100円で購入します。この時の単価(1BTCあたりの取得金額)は当然ですが100円となります。
2.1BTCを150円で購入します。これでこの時点で2BTC保有している状態になります。
2BTCを取得するのに合計で250円かかっているので単価は
250円(金額合計)÷ 2(BTCの保有量)= 125円(1BTCあたりの取得金額)となります。
3.1BTCを200円で売却します。
 この時、所得金額は200円(売却単価)ー [125円(1単位当たりの取得価額 × 1BTC(売却数量)] = 75円となります。

------------------------------------------------

POINT

この売却のタイミングで損益が発生します。そして売却した際に発生する損益の計算をするために、暗号資産(仮想通貨)購入の都度、単価を計算しているのです。
1BTCを売却したことでBTCの保有量は1になりました。単価は変わらず125円です。
4.1BTCを275円で購入します。BTCの保有量は2に、2BTCを取得するのにかかった金額の合計は400円(125円+275円)となりました。この時の1BTCあたりの単価は400円(金額合計)÷ 2(BTCの保有量)= 200円(単価)となります。
------------------------------------------------

このように移動平均法では暗号資産(仮想通貨)を購入するたびに1BTCあたりの単価を計算します。

総平均法

総平均法では期間内全体(1月1日~12月31日)の購入金額を購入した暗号資産(仮想通貨)の数量で割った平均額を単価とし、すべての取引の購入単価として損益を計算します。

※毎年1月から12月までにおこなった取引が対象になりますが、当社での2019年度の取引については、サービス開始日の2019年5月30日から2019年12月31日 までの取引で生じた損益が対象となります。



上の画像の場合、年間を通して3BTCを合計525円で購入しています。
1BTCあたりの単価は525円(購入金額合計)÷ 3(BTCの購入数量)=175円(単価)となります。

3.で1BTCを売却したときの所得金額は
200円(売却金額)ー [175円(1単位当たりの取得価額) × 1BTC(売却数量)] = 25円(所得金額)となります。 

このようにまったく同じ取引をしている場合でも計算方法によって所得金額に差が出ることがあります。
移動平均法は計算が複雑になりますが、体感に即した計算結果になるのに対して、総平均法は計算が比較的容易ですが体感と乖離した計算結果になることがあるといった特徴があります。

なお、移動平均法、総平均法の計算結果は単年度では異なりますが、将来にわたって生じる所得金額は一致します。

どちらの計算方法を採用するかを、確定申告期日までに税務署に届け出をする必要があります。
(計算方法の届け出を行わない場合、総平均法として扱われます。)

計算方法は一度定めると原則として3年間変更することができないため、年度によって所得額が少ない計算方法に選択して確定申告をするといったことはできません。最初の選択時の判断が重要になります。

確定申告の流れはこちらの記事にまとめてありますのでご覧ください。

出展:
Aerial Partners「【基本の「き」】仮想通貨・暗号資産の税金 ~損益計算のやり方~」より

TAOTAOでのお取引の取引報告書・年間損益計算書の出し方

取引報告書のダウンロード手順・見方
年間損益報告書のダウンロード手順・見方




金融庁のホームページには以下の留意事項が掲載されております。

登録業者については、以下よりご覧いただけます。

http://www.fsa.go.jp/menkyo/menkyoj/kasoutuka.pdf

暗号資産交換業者登録
当社が扱う暗号資産は、暗号資産交換業者登録一覧に記載された当該暗号資産交換業者の説明に基づき、資金決済法上の定義に該当することを確認したものにすぎません。
当社が扱う暗号資産は、金融庁・財務局が、これらの暗号資産の価値を保証したり、推奨するものではありません。暗号資産は、必ずしも裏付けとなる資産を持つものではなく、財産的価値を有すると認められた電子データに過ぎないことにご留意ください。
暗号資産の取引を行う際には、以下の注意点にご留意ください。
≪暗号資産を利用する際の注意点≫
暗号資産は、日本円やドルなどのように国がその価値を保証している「法定通貨」ではありません。インターネット上でやりとりされる電子データです。暗号資産は、価格が変動することがあります。暗号資産の価格が急落したり、突然無価値になってしまうなど、損をする可能性があります。暗号資産交換業者は金融庁・財務局への登録が必要です。利用する際は、登録を受けた事業者か確認してください。暗号資産の取引を行う場合、事業者から説明を受け、取引内容をよく理解し、ご自身の判断で行ってください。暗号資産や詐欺的なコインに関する相談が増えています。暗号資産を利用したり、暗号資産交換業の導入に便乗したりする詐欺や悪質商法に御注意ください。上記の内容については、金融庁ホームページの利用者の方への注意喚起に記載されております。
http://www.fsa.go.jp/policy/virtual_currency/04.pdf