スマホでかんたん本人確認について

スマホでかんたん本人確認について

SBI VCトレード(旧TAOTAO)について

  • 公開日

スマホでかんたん本人確認とは


「スマホでかんたん本人確認」は、スマートフォンで本人確認書類とお客様の顔写真を撮影していただくことで、口座開設に必要な本人確認手続きがオンラインで完結するサービスです。
「郵送で本人確認」はご登録住所へ簡易書留(転送不要)が必要になりますが、「スマホでかんたん本人確認」を利用されたお客様は、当社での審査完了後すぐにサービスをご利用になれます。


スマホでかんたん本人確認の流れ 3ステップ

スマートフォンで口座開設のお申し込みを進め、以下の本人確認書類をご選択いただくと「スマホでかんたん本人確認」が行えます。

<スマホでかんたん本人確認対応の本人確認書類>

・運転免許証
・マイナンバーカード
・特別永住者証明書(※外国籍のお客様は「特別永住者証明書」のご提出が必須となります。)
 

①本人確認書類の撮影

スマートフォンのカメラで本人確認書類を撮影します。
表面・斜め・裏面の3回撮影します。
※マイナンバーカードは、表面・斜めの2回です。

②顔写真の撮影

スマートフォンのカメラで自撮り撮影を行う方法でお客様の本人確認を行います。
※撮影した写真は本人確認以外には使用しません。

③リアルタイムチェック

事前録画や写真ではないかを確認します。

スマホでかんたん本人確認と郵送で本人確認の違い


以下の場合は、これまで同様に郵送で本人確認を行わせていただきます。
・パソコンでお申し込み手続きを行う場合
・法人口座をお申し込みいただく場合
・スマホでかんたん本人確認非対応の本人確認書類を提出する場合
・お申し込み内容に不備があり、再申請を行っていただく場合
 当社規定の本人確認書類から2点、または本人確認書類から1点と補完書類から1点の計2点をご提出いただき、当社での審査完了後、ご登録住所へ簡易書留(転送不要)をお送りします。
 郵送物をお受け取りのうえ【本人確認コード】をご入力いただきますと、サービスのご利用が可能となります。
 詳しくはこちら

暗号資産を利用する際の主な注意点
暗号資産は、日本円、ドルなどの「法定通貨」とは異なり、国等によりその価値が保証されているものではありません。
暗号資産は、価格変動により損失が生じる可能性があります。
暗号資産は、移転記録の仕組みの破綻によりその価値が失われる可能性があります。
当社が倒産した場合には、預託された金銭及び暗号資産を返還することができない可能性があります。
暗号資産は支払いを受ける者の同意がある場合に限り、代価の支払いのために使用することができます。
当社の取り扱う暗号資産のお取引にあたっては、その他にも注意を要する点があります。
お取引を始めるに際してはサービスごとの「取引約款」(旧VCTRADE)「サービス総合約款 」(旧TAOTAO)「契約締結前交付書面」(旧VCTRADE)「取引説明書」(契約締結前交付書面)(旧TAOTAO)等をよくお読みのうえ、取引内容や仕組み(旧VCTRADE)取引内容や仕組み(旧TAOTAO)リスク等(旧VCTRADE)リスク等(旧TAOTAO)を十分にご理解いただきご自身の判断にてお取引くださるようお願いいたします。
秘密鍵を失った場合、保有する暗号資産を利用することができず、その価値を失う可能性があります。
 
手数料について
口座管理費、年会費、日本円の入金手数料、暗号資産の受取・送付(入出庫)手数料はかかりません。ただし、旧VCTRADEに関しては日本円の出金に対しては手数料がかかります。詳しくはサービス概要(旧VCTRADE)及び「手数料について」 (旧TAOTAO)をご確認ください。
上記に加え、暗号資産関連店頭デリバティブ取引を行う場合の主な注意点
暗号資産関連店頭デリバティブ取引に関して顧客が支払うべき手数料 、報酬その他の対価の種類ごとの金額若しくはその上限額又はこれらの計算方法の概要及び当該金額の合計額若しくはその上限額又はこれらの計算方法の概要は、「レバレッジ手数料」(旧TAOTAO)に定める通りです。
暗号資産関連店頭デリバティブ取引を行うためには、あらかじめ日本円又は暗号資産(BTC、ETH、XRP)で証拠金を預託頂く必要があります。預託する額又はその計算方法は、「証拠金 について」(旧TAOTAO)をご確認ください。
暗号資産関連店頭デリバティブ取引は、少額の資金で証拠金を上回る取引を行うことができる一方急激な暗号資産の価格変動等により短期間のうちに証拠金の大部分又はそのすべてを失うことや、取引額が証拠金の額を上回るため、証拠金等の額を上回る損失が発生する場合があります。 当該取引の額の当該証拠金等の額に対する比率は、個人のお客様の場合で最大2倍、法人のお客様の場合は、一般社団法人日本暗号資産取引業協会が別に定める倍率です。
暗号資産関連店頭デリバティブ取引は、元本を保証するものではなく、暗号資産の価格変動により損失が生じる場合があります。取引説明書(契約締結前書面)(旧TAOTAO)等 をよくお読みのうえ、リスク、仕組み、特徴について十分に理解いただき、ご納得されたうえでご自身の判断にて取引を行って頂きますようお願いいたします。
免責事項
当社ウェブページ遷移前に表示された情報は、当社が作成・管理しているものではありません。